手帳!展(ててん)2018東京、ご来場ありがとうございました

2018年10月20日、21日の土日、東京台東区鳥越にある「余白」さんで手帳!展(ててん)東京が行われました。

 

2018年は、10月13日、14日の土日にも「東急ハンズ新宿店」さんでててんを行いましたが、そこは左のような写真を撮れていませんでしたので、実行したことのみ、とりあえずはご報告いたします。

 

さて、余白さんは、普段、アパレルショップなのですが、お店の入り口部分をギャラリーのように貸してくださるサービスをされています。

 

私たち、手帳社中はそのギャラリーのようなところをお借りして、「手帳!展2018」を行いました。

今回は、昨年同様にメーカーさんのご協力をいただいて、

 

140冊を超える

 

手帳を集めさせていただき、展示をいたしました。

皆さん、思い思いに手帳を手に取り、これでもない、あれでもないといろいろ見ておられました。

 

また、手帳に書き込まれたサンプルやNaviなどもご覧になり、楽しんでおられました。

東京会場では、マルマンさんのご協力を得て、

 

「PUOバイキング」

 

を実施しました。太っ腹な企画です!

なにせ、「バインダーを購入したら、そのバインダーに入るだけリフィルを選んで詰めていっていい」という企画。

 

ノート好き、紙好きをはじめ、手帳好きの方々もいっぱい詰めて帰られていました。詰めた上に、なんとPUOのキャラクタ入りトートバックももらえてしまうという、、、良いのか!(笑)

 

(神戸会場では未定、福島会場ではやりません)

そして、大人気だったのがもうひとつ。そう、

 

「箔押し」

 

です。好きなアルファベットをいくつか選んで、手帳の表紙などに箔を押してくれるというもの。

 

みなさん、いろいろな字を選び、箔を押してもらっていました。箔を押すと、まさに自分のものになったという感じがして、大満足!

 

ちなみに、この箔押しの機械、なんと1930年代のものだそうです。すげぇ!

 

(神戸会場、福島会場ではやりません)

手帳!展(ててん)2018東京会場のお話しでした。

さあ、次は、神戸会場へ行きますよ!